死亡に関して

事故交通事故のケースの中には大きな事故によって亡くなってしまうものもあります。死亡事故については、交通事故被害者は亡くなってしまうものですが、このようなケースでも賠償金が支払われます。まず死亡に至るまでの損害に関して、支払いがなされます。これについては傷害だけの場合と同様の項目となっています。傷害慰謝料などの賠償金がまず支払われます。

死亡のケースでは葬儀がなされます。その際にかかった費用が支払われます。葬儀に関する内容として、通夜や祭壇、火葬や墓石などの費用があります。これらの項目についての支払いがありますが、ただ立証資料等が必要になります。また逸失利益に関して支払いがなされます。この項目は後遺障害が残った方と同じものですが、死亡の場合でも同じく受け取ることができます。逸失利益は本人が生きていたたら得られたはずの収入であり、これは交通事故に遭うまでの収入から計算がなされます。

死亡の場合には、交通事故に遭った本人に対してだけではなく、遺族に対して慰謝料が支払われます。この金額についてですが、遺族慰謝料の請求権者の人数によって大きく変動していきます。死亡の場合は賠償の項目は増える部分もあり、また総額も大きくなる傾向にあります。

Pocket

後遺障害がある場合

ベッド交通事故の中でも後遺障害に認定された場合には賠償金の金額が大きく変わってきます。一般に後遺障害に認定されていない場合に比べると金額が大幅にアップしますし、2倍以上にもなることがあります。後遺障害に認定された場合、まず受け取る賠償金についてですが、後遺障害に認定されない場合に受け取る種類の賠償金は同様に支払われます。それ以外の賠償の項目が実際にはあります。

まず交通事故慰謝料で後遺障害という項目があります。これは傷害慰謝料とは別の項目のものであり、後遺障害の等級によって金額は異なってきます。この金額が大きくなるため、賠償金を合計するとかなり大きくなります。また逸失利益という項目の賠償があります。これは後遺障害を受けたことにより、健康な時と比べて失われた利益の損失分を賠償として受け取るというものです。逸失利益に関しては計算方法が複雑になっており、後遺障害の等級がまず影響しています。また逸失利益の期間も問題になってきます。これらを考慮に入れて計算がされます。後遺障害の等級が上位になるようなケースでは逸失利益の金額は大きくなるものです。後遺障害認定されると賠償金の金額が大きくアップするため、後遺障害が残った場合には認定されるようにすることが何よりも大切になります。

Pocket

後遺障害がない場合

診察交通事故被害者の中で後遺障害に認定されない場合、また治癒になったケースについてですが、この場合にはどういった賠償の種類があるのでしょうか。まずは慰謝料があります。傷害慰謝料というものですが、これは事故後に通院や入院をした場合、高額になっていくものです。入院や通院の日数によっても変動します。交通事故に遭ったことに対する慰謝の意味で支払われるものです。交通事故の賠償では慰謝料だけの支払いと思われる方もいますが、実際には慰謝料以外での賠償がされるものです。

交通事故によってしばらくの間仕事ができなかった場合、休業損害の賠償がなされます。また入院や通院の際には病院への治療費の支払いがなされますが、これも賠償されます。実際には被害者が受け取る形にはならず、相手方の保険会社が病院に直接支払うケースが多いといえます。さらに通院をする際には病院まで行かなければなりません。この時に自家用車や公共の交通機関を使う場合、実費で交通費が支払われます。病院での治療では通院だけの方もいますが、中には入院をする方もいます。その場合入院時に支払う雑費について支払いがなされます。このようにいろんな種類の賠償があるものです。

Pocket

交通事故と損害額

交通事故になると通院をしたり入院をしたりするようなケースも多く見られます。また中には不幸にも亡くなってしまう方もいます。こういった状況になった場合、交通事故によって受けた痛みや後遺障害に対して慰謝料などを請求することができます。実際には慰謝料だけではなく、いろんな項目の損害請求ができるのですが、それらについてはしっかりと理解しておく必要があります。

交通事故被害者にとっては損害請求できるいろんな項目はまず後遺障害のあるなしで分けて考えるとよくわかりやすいでしょう。後遺障害とは症状固定になった際に、後遺障害認定を公的機関から受けることによって認められるものですが、この後遺障害の認定がされる場合とされない場合で損害請求できる項目が異なってきます。また交通事故によって死亡した場合はまた違った損害請求ができるようになります。

交通事故の損害請求では簡単に計算することができるものもあります。中でも通院交通費といったものは実費を請求するのが基本となっているため計算が分かりやすいものです。これに対して傷害慰謝料などについては計算がしにくい部分でもあります。また自賠責基準や弁護士基準などによっても考え方が異なってきます。さらに逸失利益などに対しても簡単な計算ができない場合も多くあります。このサイトでは交通事故被害者になった時に請求できる損害について説明をしています。万が一被害者になった時のために参考にしてみてください。

Pocket