交通事故と損害額

交通事故になると通院をしたり入院をしたりするようなケースも多く見られます。また中には不幸にも亡くなってしまう方もいます。こういった状況になった場合、交通事故によって受けた痛みや後遺障害に対して慰謝料などを請求することができます。実際には慰謝料だけではなく、いろんな項目の損害請求ができるのですが、それらについてはしっかりと理解しておく必要があります。

交通事故被害者にとっては損害請求できるいろんな項目はまず後遺障害のあるなしで分けて考えるとよくわかりやすいでしょう。後遺障害とは症状固定になった際に、後遺障害認定を公的機関から受けることによって認められるものですが、この後遺障害の認定がされる場合とされない場合で損害請求できる項目が異なってきます。また交通事故によって死亡した場合はまた違った損害請求ができるようになります。

交通事故の損害請求では簡単に計算することができるものもあります。中でも通院交通費といったものは実費を請求するのが基本となっているため計算が分かりやすいものです。これに対して傷害慰謝料などについては計算がしにくい部分でもあります。また自賠責基準や弁護士基準などによっても考え方が異なってきます。さらに逸失利益などに対しても簡単な計算ができない場合も多くあります。このサイトでは交通事故被害者になった時に請求できる損害について説明をしています。万が一被害者になった時のために参考にしてみてください。

Pocket