後遺障害がある場合

ベッド交通事故の中でも後遺障害に認定された場合には賠償金の金額が大きく変わってきます。一般に後遺障害に認定されていない場合に比べると金額が大幅にアップしますし、2倍以上にもなることがあります。後遺障害に認定された場合、まず受け取る賠償金についてですが、後遺障害に認定されない場合に受け取る種類の賠償金は同様に支払われます。それ以外の賠償の項目が実際にはあります。

まず交通事故慰謝料で後遺障害という項目があります。これは傷害慰謝料とは別の項目のものであり、後遺障害の等級によって金額は異なってきます。この金額が大きくなるため、賠償金を合計するとかなり大きくなります。また逸失利益という項目の賠償があります。これは後遺障害を受けたことにより、健康な時と比べて失われた利益の損失分を賠償として受け取るというものです。逸失利益に関しては計算方法が複雑になっており、後遺障害の等級がまず影響しています。また逸失利益の期間も問題になってきます。これらを考慮に入れて計算がされます。後遺障害の等級が上位になるようなケースでは逸失利益の金額は大きくなるものです。後遺障害認定されると賠償金の金額が大きくアップするため、後遺障害が残った場合には認定されるようにすることが何よりも大切になります。

Pocket