後遺障害がない場合

診察交通事故被害者の中で後遺障害に認定されない場合、また治癒になったケースについてですが、この場合にはどういった賠償の種類があるのでしょうか。まずは慰謝料があります。傷害慰謝料というものですが、これは事故後に通院や入院をした場合、高額になっていくものです。入院や通院の日数によっても変動します。交通事故に遭ったことに対する慰謝の意味で支払われるものです。交通事故の賠償では慰謝料だけの支払いと思われる方もいますが、実際には慰謝料以外での賠償がされるものです。

交通事故によってしばらくの間仕事ができなかった場合、休業損害の賠償がなされます。また入院や通院の際には病院への治療費の支払いがなされますが、これも賠償されます。実際には被害者が受け取る形にはならず、相手方の保険会社が病院に直接支払うケースが多いといえます。さらに通院をする際には病院まで行かなければなりません。この時に自家用車や公共の交通機関を使う場合、実費で交通費が支払われます。病院での治療では通院だけの方もいますが、中には入院をする方もいます。その場合入院時に支払う雑費について支払いがなされます。このようにいろんな種類の賠償があるものです。

Pocket